2014.12.02 Tue

バイト出身の社長は讃岐うどん業界をどう変えるか

株式会社はなまる 代表取締役社長 成瀨 哲也 氏

 本場讃岐うどんが本場の安さで食べられると、サラリーマンや学生、家族連れなどから人気の高い、はなまるうどん。そのリーダーは、「牛丼一筋」の叩き上げだった。

 

牛丼屋からうどん屋への転身の理由

 コシのある本場の讃岐うどんが1杯130円からで食べられるという、コストパフォーマンスの高さで知られるセルフ式うどんチェーン「はなまるうどん」。今や全国で330超の店舗を展開するこの人気チェーン店を運営するのが、株式会社はなまるだ。最初にダシをかけたうどんを受け取り、そこに好みの天ぷらなどを自分でのせていくという讃岐うどん風のセルフ式システムは、同社の全国展開の影響もあり、今や地域を問わずお馴染みのものとなっている。

 讃岐うどん店の激戦地、香川県高松市にはなまるうどんが開店したのは2000年のこと。翌2001年には店舗名を冠した株式会社はなまるを設立し、フランチャイズ事業を開始。2年後の2003年末には150店舗を突破するという快進撃を見せる。そして2004年、吉野家ディー・アンド・シー(現・吉野家ホールディングス)と資本提携した後、2006年には連結子会社となり吉野家グループの一翼を担う存在となった。

 その吉野家の常務取締役だった成瀬がはなまるの社長に就任したのは、2012年9月のことだ。社長を引き受けた理由について成瀬はこう語る。

「率先して社長をやるような人間が周囲にあまりいないなと思ったからです。吉野家グループ内にはもの凄く優秀で、組織のマネジメントにも秀でた人間は沢山います。だけど、どの会社も同じだと思いますがリーダーと呼べるような人間はなかなか見つかりませんでした。ならば自分がやってやろうじゃないかと奮起したのです」

 この言葉に込められた自信は、吉野家の学生バイトから叩き上げてここまで来た成瀬の、数多の“ボトムアップ”経験に基づいたものなのだ。

 

吉野家で学んだリーダーシップ

 成瀬は銀行員の父親と市役所勤務の母親のもと、富山市内で生まれ育った。少年時代の食にまつわる環境は、地元の豊富な海産物、出張が多かった父親が土産として買ってくる地域の名産品に囲まれるという恵まれたものだった。

「魚介類が食卓に上ることが多かったですね。子どもの頃の話をする度に“新鮮な刺し身が食べられていいね”と言われますが、本当は魚よりも牛肉が食べたかったんです(笑)」

 地元の高校を卒業後、名古屋市内の大学に進学。そこで牛丼チェーンの吉野家でバイトを始める。バイクとレーシングスーツを購入したいという、この年頃にはよくある動機だった。

「とにかく待遇が良かったんです。時給650円は当時としては破格ですし、まかないで牛丼も食べられ休憩時間は有給。なんていいところなんだと思いましたよ」

 働き出した成瀬はまさに水を得た魚だった。そして仕事に夢中になっていく一方で、いつしか大学への足は遠のいていた。バイトの現場は、成瀬にとって大学以上に学ぶことの多い場所だったのだ。

「吉野家では、1時間でも先に入った者が年齢に関係なく先輩になります。仕事ができれば相手が年上でも自分に敬語を使ってくれるんですね。だからといって、やはり年配の人には人生経験があり、学ぶべき点もたくさんあったりする。そんな大人の世界が垣間見られたのが刺激的でした。大学ではそんなこと教えてくれないですから、ならばそっちはもういいやと。お互いに正しいと思う意見をぶつけあった結果、お客さまに喜んでもらえるこの世界に飛び込もうと決意したんです」

 

いつのまにか店長の中でもリーダーに

 大学を中退して正社員として吉野家に就職すると、同じ店舗の店長を任された。だが、勝手を知っていたはずの店の仕事も、社員となるとまったく違う視点が求められることに驚き、苦労することとなる。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

成瀬 哲也(ナルセ テツヤ)
1967年、富山県生まれ。中京大学へ進学後、吉野家でアルバイトを開始。後に大学を中退し、同社の社員として就職。岐阜、名古屋、大阪の店舗で店長を務め、担当店舗の業績向上に貢献する。居酒屋ブランドの店舗運営を任された後、新ブランド「カレーうどん千吉」の開発を主導、社長に就任。その後吉野家の常務取締役を経て2012年はなまるの代表取締役社長に就任、現在に至る。

株式会社はなまるについて
■ 事業内容セルフ式うどん店の直営店の運営、およびフランチャイズ事業の開発、運営
■ 設立年月2001年11月22日
■ 本社所在地東京都中央区銀座3-15-10 菱進銀座イーストミラービル7F
■ 資本金134,765,500円
■ 従業員数323人(2014年4月1日現在)
■ ホームページ

http://www.hanamaruudon.com/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter