2014.04.15 Tue

“真のクラウド”で世界をより豊かに美しく

シスコシステムズ合同会社 代表執行役員社長 平井 康文 氏

米国赴任で、祖国と自分を見つめ直す

 ルータやスイッチングハブなどの通信機器で圧倒的とも言えるブランド力を誇るシスコシステムズ。とりわけその信頼性とパフォーマンスの高さは、世界のネットワークインフラを支えていると言っても過言ではない。しかし現在、同社はその事業ポートフォリオを、テレビ会議、IP電話、Web会議、さらに急成長するサーバへと拡大しており、ネットワーク分野での優位性を活かしながら、コラボレーションやコミュニケーション、そしてコンピューティングの世界との融合を進めているのである。

 代表執行役員社長の平井は言う。「例えばコンピューティングの世界について言えば、コンピューティング・インフラはかなり成熟しています。それに対してネットワークの世界というのは、まだまだこれから大きく発展する余地があり、そのような常に進化が期待されているネットワークの分野を世界中でリードしてきた当社がネットワークの視点からサーバを俯瞰することで、ダイナミックにイノベーションを起こせるのだと自負しています」

 同社のこの事業の多様化は、IBMとマイクロソフトというハードウェア、ソフトウェア双方の“巨人”で要職を務めてきた平井自身のキャリアともある意味符号している。1983年、大学を卒業して日本IBMに入社した平井は、故郷徳島のある四国の地で営業マンとしてキャリアをスタートする。その後、管理職となり経営企画やソフトウェア事業などを統括するとともに、二度の米国本社への出向を経験する。二度目の米国赴任では、バイスプレジデントとしてワールドワイドのソフトウェア営業を統括する重責を担った。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

平井 康文(ヒライ ヤスフミ)

シスコシステムズ合同会社の代表執行役員社長 兼 米国シスコシステムズインク シニアバイスプレジデントとして日本における事業全般を統括。日本IBM、マイクロソフト日本法人で営業部門の要職を歴任し、2008 年2月にシスコに副社長として入社後、2010年8月より現職。新経済連盟理事、経済同友会幹事、経営品質協議会幹事、早稲田大学ヒューマンリソース研究所招聘研究員としても活動

シスコシステムズ合同会社について
■ 事業内容ネットワーク システム、ソリューションの販売ならびにこれらに関するサービスの提供
■ 設立年月1992年5月
■ 本社所在地東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー
■ 資本金4億5,000万円
■ 従業員数1,288名(2013年1月)
■ 業種IT
■ ホームページ

http://www.cisco.com/web/JP/index.html

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter