2013.05.07 Tue

還暦で「理想の生命保険会社」を興した社長の志

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明 氏

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明

業界ナンバーワンに近道はない

 2008年に産声を上げたライフネット生命保険株式会社(ライフネット生命)は、創業当時「ネット専業」かつ「戦後初の独立系生命保険会社」として、大きな話題を集めた。開業からの5年間で、当初目標に掲げていた15万件の契約数を達成した(2013年4月8日現在で17万件)。同社代表取締役社長である出口治明に、その自己評価を尋ねると「まだまだ。自分ではまったく評価していません」と即答する。

「マラソンに例えるなら、スタート地点である競技場のトラックをようやく出たばかり。まだこの先、やらなければならないことはたくさんあります」

 ライフネット生命では、同社が企業として目指す事柄を「マニフェスト」として掲げ、ウェブサイトでも公開している。このマニフェストこそが、同社と全社員の行動の指針であり、顧客との「約束」だという。

「お客さまに対してすべての情報をオープンにし、生命保険という商品を、安く、わかりやすく提供していく。これに尽きると思います。近道は、ありません」

 

「世界経営計画のサブシステム」を作る

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明 保険業界で40年以上勤め、その後、関連会社や大学での職に就いていた出口がライフネット生命を立ち上げるきっかけとなったのは、2006年のあすかアセットマネジメント株式会社CEOである谷家衛との「運命的」な出会いだった。
 「保険業界について聞きたいという人がいる」という知人の紹介で会った谷家の第一印象は「なんだか子どもみたいにかわいい人」だった。そして、出会って30分でいわれた谷家からの「ぜひ一緒に新しい保険会社を作りましょう」という突然の申し出に「運命」を感じ、すぐ準備にとりかかったという。
 この「新たな生命保険会社を作る」というチャレンジの中で、出口は「徹底して自分に正直に、自分が理想とする保険会社を作ろう」と決意した。

   「人間が働く意味は、一人ひとりが『世界経営計画のサブシステム』を担うことにある、と私はいい続けています。それは、その人が世界をどのように理解し、どんなところが嫌だと思い、それを変えるために自分に何ができるかを考えるということです。もしも神様であれば、世界のメインシステムをすぐに変えてしまうことができる。しかしながら、人間にそれは無理な話です。ならば、自分のできる範囲で、自分に見えている世界を、もっと良くしていきたいと考え、動く。それが、人が生き、働くことの理由だと思っています」

 

人が安心して働き、子どもを育てられる世の中に

 出口の問題意識のひとつは、生命保険が多くの若い人たちにとって「高額」な商品となっていたことだった。ひとつの会社に勤め続けていれば収入が安定して増えていた高度成長期が終わり、バブル経済も崩壊した2000年以降、国民の所得、特に20代、30代の若い世代の所得が大きく減っていた。
 出口は、保険というものは、人々が安心して働き、生活を送っていく中で重要な役目を果たす社会インフラであると考えていた。

ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明「保険に加入できないと、安心して働くことも、子どもを生み育てることもできない。そんな日本の状況に危惧を感じていました。だからこそ、保険料が従来のものより大幅に安く、わかりやすく、若い世代が無理なく加入できる商品を提供するべきだと思ったのです」

  この「安くてわかりやすい」商品を実現するためには、従来の生命保険会社のような、人件費が多くかかる営業体制はとれなかった。「ネット専業」「従来の保険会社と資本上のつながりがない独立系」というライフネット生命の特色は、出口の理想とする会社を実現するための「必然」だったという。

 また、当時は保険金の不払いが問題になっていた時期でもあった。出口には、経営に関するあらゆる情報をオープンにし、商品をわかりやすく、支払を迅速にすることで、生命保険業界が失った信頼の回復をすこしずつでも図っていきたいという思いもあった。
 保険という成熟したマーケットにおいて、まったく新しい業態の会社を立ち上げることにはリスクもあったのではないだろうか。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

出口 治明(デグチ ハルアキ)
1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に東奔西走する。 ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険株式会社に社名を変更、生命保険業免許を取得。現職。

ライフネット生命保険株式会社について
■ 事業内容生命保険業
■ 設立年月2006年10月23日
■ 本社所在地東京都千代田区麹町二丁目14番地2 麹町NKビル
■ 資本金209億6,360万円(2012年9月30日現在)
■ 従業員数87名(2012年9月30日現在)
■ 業種金融(保険)
■ ホームページ

http://www.lifenet-seimei.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter