2012.12.20 Thu

営業改革に特化 「結果が出る」プロセスを提供

ソフトブレーン株式会社 代表取締役社長 豊田 浩文 氏

大手に寄らないベンチャー志向で成長

○ソフトブレーン株式会社 代表取締役社長 豊田 浩文氏 企業にとっての「営業」とは、会社を存続・繁栄させるため、ひいてはその企業の明暗を分けるほど重要な業務のひとつ。しかしながら、営業担当者個人によってその成果に差が生じるという問題点もある。そこに目をつけたのがソフトブレーンだ。

 「営業が抱える問題点の多くは営業活動のプロセスが『見えない』ことから生じています。結果が出ない営業マンほど、自分の行動を否定されるのを嫌がり現状を把握しようとしないため、トップセールスマンとの違いに気づくことができません。われわれは、営業プロセスを可視化し科学的に分析することにより、誰でも再現可能な営業成績向上へ導くプロセスを構築する仕組みを提供しています」

 世の中には、営業支援のソフトウエアだけを販売する企業や、営業研修のみを生業としている企業が多い。しかし同社は、営業部門の改革を促すソフトウエア「eセールスマネージャー」に加え、プロセスマネジメントの手法を実践するための営業社員への研修サービス事業も行なっており、顧客ニーズの中心を捉えることができるのだ。

 ソフトブレーンは、当時北海道大学の大学院生だった宋 文洲が、土木解析ソフトウエアを開発・販売する会社として設立。2000年には東証マザーズ、2005年には東証一部への上場を果たす。会社が成長する過程で大手企業並の社内体制が必要だという風潮に傾いた時期に、業績の低迷や社員の士気低下という問題に直面。ベンチャーマインドに立ち帰り、一歩一歩前進してきた。

 

「仕事に年齢は関係ない」という宋との出会い

 東京の下町で生まれ育った豊田。1991年に新卒で銀行に入行するも、2年で退職。周りの強い反対を押し切って決断を下した背景には、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

豊田 浩文(トヨダ ヒロフミ)

1967年生まれ。1991年株式会社三和銀行(現株式会社三菱東京UFJ銀行)入行。法律事務所勤務を経て、1999年ソフトブレーン株式会社入社。上場準備業務を担当する。2004年執行役員に就任。その後グループ企業であるソフトブレーン・ヒューマン株式会社、株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画(現任)の代表取締役社長などを歴任。2010年5月より現職。

ソフトブレーン株式会社について
■ 事業内容営業課題解決事業
■ 設立年月1992年6月
■ 本社所在地東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル9階
■ 資本金8億2600万円
■ 従業員数211名(連結)
■ 業種情報・通信業
■ ホームページ

http://www.softbrain.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter