2012.12.10 Mon

海外での不測の事態を支える「医療アシスタンスサービス」とは

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 代表取締役社長 吉田 一正 氏

今後、さらに大きな成長が期待されるアシスタンスサービス

 2012年6月、JASDAQ市場に上場した、国内のアシスタンスサービスを牽引する日本エマージェンシーアシスタンス(以下、EAJ)。アシスタンス会社が上場したのは世界でも初となる。上場した理由について、吉田一正社長は次のように語る。


日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 代表取締役社長 吉田一正 「医療アシスタンスサービスとは、海外赴任・海外旅行・留学などで各国に滞在している邦人の方が病気やケガをした際、安心して医療を受けられるようサポートするサービスです。
 フランスを始め、海外では広く知られているアシスタンスも、日本では認知がそれほど高まっていません。アシスタンスという存在そのものをより多くの人々に知っていただくため、というのも弊社が上場した大きな理由です」

 EAJが提供する医療アシスタンスサービスは、「損害保険会社との契約」と「大手企業との契約」の2つに分けられる。
 前者は、海外旅行保険の契約者が海外でトラブルに見まわれた際にサポートするもの。後者は、国内企業や公的機関と直接契約し、海外赴任者をサポートするものである。

 EAJは、創業当初から損害保険会社との提携に力を入れてきた。これに加えて、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

吉田 一正(ヨシダ カズマサ)
1981年、仏プロバンス大卒。米系アシスタンス会社日本法人社長を経て、2003年、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(EAJ)設立。医療アシスタンス事業とライフアシスタンス事業を開始。EAJは2012年6月、JASDAQ市場に上場。現在、世界中に14の直営拠点を置き、約135カ国に提携先を持つ。

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社について
■ 事業内容医療アシスタンス事業、ライフアシスタンス事業
■ 設立年月2003年1月
■ 本社所在地東京都文京区小石川1-21-14 NRK小石川ビル
■ 資本金289,983千円
■ 従業員数単体144名 連結234名(2012年7月31日月現在)
■ 業種サービス業
■ ホームページ

http://www.emergency.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter