2012.10.15 Mon

12年連続黒字のIT企業が持つ独自理論とは

コガソフトウェア株式会社 代表取締役社長 古賀 詳二 氏

人材の質を上げれば3Kはなくなるという信念

「IT業界から『きつい』、『帰れない』、『給与が安い』という3Kをなくしたい」。古賀はこの想いを胸に2000年に起業。運転資金となる元手は50万円、仕事のあてがまったくない環境からのスタートだった。それまで22年間、勤めてきたIT企業の社長に、3Kの改善や人材育成の大切さを訴え続けてきたが、現実は変わらない。ならば、「自分で働きたい会社をつくる」と古賀は決意した。

コガソフトウェア株式会社 代表取締役社長 古賀 詳二ゼロの状態から設立したコガソフトウェアは、創業以来12年連続で黒字を続けている。その土台となっているのは、「業界で働く人材の質を上げれば3Kはなくなる」という古賀の信念である。

「私は創業以来ずっと、勉強が好きな人材だけを採用してきました。そして、社員に対してOJT(On the Job Training/職場での職務トレーニング)を行なうと共に、資格取得を奨励しました。このふたつを併行して進めることで彼らの知識のネットワークを広げてもらったのです」

資格取得手当を設けたことで社員は、積極的に資格を取得していく。古賀はさらに社員のスキルを高めるために、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

古賀 詳二(コガ ショウジ)

大分大学工学部卒。ソフトウェア開発企業にシステムエンジニアとして勤務。2000年、コガソフトウェア株式会社を設立、代表取締役に就任。IT業界の健全化のための啓蒙活動を行う。現在、東京大学発のNPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構に参加。

コガソフトウェア株式会社について
■ 事業内容システムソフトウェア開発、医療・環境システム開発
■ 設立年月2000年3月21日
■ 本社所在地東京都台東区上野1-17-6広小路ビル4階
■ 資本金9,756万円
■ 従業員数95名
■ 業種ソフトウェア開発
■ ホームページ

http://www.kogasoftware.com/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter