2012.09.12 Wed

業界の常識を覆す 自然体のシャツ専門店

メーカーズシャツ鎌倉株式会社 代表取締役社長 貞末 タミ子 氏

小ロット・多品種がシャツの希少性を生み出した

メーカーズシャツ鎌倉は、ときに「幻のシャツ」「生鮮品のように売るシャツ」と言われる。新作が毎週入荷し、いつ来店しても未知のシャツと出会うからだ。ただ、もとをただせばリスクを避けるための策だという。

 メーカーズシャツ鎌倉株式会社 代表取締役社長 貞末 タミ子「同じ型のシャツをたくさんつくったら、売れなかったときに大変なことになります。在庫を抱えたくないという考えから、小ロット・多品種で売り切るシステムが自然発生的にできあがったわけです」

 広々とした本店の一角、備え付けの棚に整然とシャツが並ぶ。綿100%の高級生地と貝ボタンを使用。市場では確実に1万円以上する品を、5,145円(税込)の均一価格で販売する。「鎌倉シャツ」のニックネームも定着して久しい。

国内企業の生産拠点が海外に移ることが多く「産業の空洞化」などと言われる昨今、一貫して国内生産を守ってきた。「日本のものづくりを支えたい」という思いが根底にある。だが、それだけではなく最初から海外生産は選択の範囲外だった。

… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

貞末 タミ子(サダスエ タミコ)

鎌倉市生まれ。22年の主婦生活を経て、1993年11月、夫の貞末良雄とともにシャツ専門店「メーカーズシャツ鎌倉」を創業。94年、代表取締役社長に就任。独自のSPA(製造小売業)による高品質なシャツづくりと、5,145円の均一価格での販売がビジネスマンを中心に圧倒的な支持を集める。

メーカーズシャツ鎌倉株式会社について
■ 事業内容メンズ・レディスシャツの企画・製造・販売
■ 設立年月1993年11月7日
■ 本社所在地神奈川県鎌倉市雪ノ下4-2-15-101
■ 資本金1億円
■ 従業員数120名
■ 業種製造小売業
■ ホームページ

http://www.shirt.co.jp/

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter