シドニー ~Sydney~

シドニーで知っておきたいルール/慣習

2017.02.14 Tue連載バックナンバー

 シドニーに在住のToshiです。

 日本も同様だと思いますが、南半球のオーストラリアでも街がクリスマス・新年ムードに包まれ、デパートやストリート、教会までもがライトアップされていました。先日クリスマスの日にマンリービーチに出かけたのですが、サンタの帽子をかぶったサーファー達が気持ちよさそうに波に乗っており、夏のクリスマスを実感しました。

 さて、今回はオーストラリアのルール・お作法についてレポートします。

 

(1) チップは必要?

 日本人にはなじみが薄く、いつ、どのくらい渡すべきか頭を悩ませるチップ。幸運なことにオーストラリアでは通常チップを支払う習慣はありません。私も数か月滞在していますが、今まで一度もチップを渡したことはありません。ただし、シドニー市内のレストランではチップを求められることもあるようです。チップを渡す場合は、食事代総額の総額5~10%くらいが目安と言われています。

 

(2) エレベーターの階数表記

 日本ではエレベーターの階数表示は1階から始まりますが、オーストラリアでは”Ground”を意味する”G”から始まることがあります。Gの上が1階、その上が2階というようになっており、この場合は日本でいう2階がオーストラリアの1階となります。慣れればなんということはないのですが、最初は少し戸惑うかもしれません。

 

(3) エスカレーターはどちら側に立つ?

 エスカレーターの左側に立ち、右側をあけておくことが一般的なようです。右側に立っていると、通してほしい旨声をかけられることもあります。

 

(4) 屋外での飲酒はNG

 ビールを片手に街を歩く。日本では時折みられる姿ですが、オーストラリアで同じことをすると200~2,000豪ドルの反則金を課されてしまうかもしれません。というのも、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter