シゴト力アップ

従業員の不満を一瞬で消したリーダーのある行動

ビジネスが自然と上手く回る人材は「人間性」が違う(第2回)

従業員の不満を一瞬で消したリーダーのある行動

ベテラン弁護士による「生き方指南書」が発売中です。本書には「人間性」の良い人ほど運に恵まれ仕事が上手くいっている旨が書かれています。仕事と人間性は関係あり?2017.07.27

運を逃がさないためには「争いごと」を避けるべし

ビジネスが自然と上手く回る人材は「人間性」が違う(第1回)

運を逃がさないためには「争いごと」を避けるべし

ベテラン弁護士による「生き方指南書」には「人間性」の良い人ほど運に恵まれ仕事が上手くいっていることが書かれています。仕事と人間性は関係があるのでしょうか。2017.07.21

キャリア・アンカーを知らない組織は人材を失う

組織を見違えるように変える方法(第1回)

キャリア・アンカーを知らない組織は人材を失う

「キャリア・アンカー」は、仕事をしていくうえで重要な考え方であり、8つのタイプがある。会社は社員のタイプを把握して適材適所を心がければ、よい組織づくりができる。2017.07.20

池上彰曰く、伝え方は「天声人語」で身につく

「伝える力」を養えば、「ビジネス力」が身につく(第2回)

池上彰曰く、伝え方は「天声人語」で身につく

池上彰氏は「伝える力」を身に付けるには、情報の取捨選択が必要だと述べている。そのために、新聞のコラムを使って「書く力」「考える力」を向上させる方法を紹介する。2017.07.20

オフィスを快適にする11のデスク用アイテム

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第90回)

オフィスを快適にする11のデスク用アイテム

一日の大半を過ごすオフィスの時間を、快適かつ効率的にしてくれるアイテムがあります。タイピングのストレスを省くものから、議事録を電子化するグッズもあります。2017.07.14

初対面で確実に「嫌われる」話題とは

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第89回)

初対面で確実に「嫌われる」話題とは

転職先や取引先で、初対面の相手との会話がどうもうまくいかなかった、そんな経験のある人は多いでしょう。これを知っていれば、次回から怖くありません。必読です。2017.07.08

一流の営業マンは、部下を上手に使う

営業のプロが教える、一流と二流の差とは(第13回)

一流の営業マンは、部下を上手に使う

相手を説得するためには、1人で説得にあたるよりも2人、2人よりも3人と大勢で説得にあたるほうが効果的です。だからこそ、一流といわれる営業マンは、自分と部下を合わせたチームで顧客を攻略します。2017.07.05

池上彰も昔はわかりやすく説明できなかった

「伝える力」を養えば、「ビジネス力」が身につく(第1回)

池上彰も昔はわかりやすく説明できなかった

ジャーナリスト・池上彰が考える“伝える力”とは?ビジネスパーソンにとって絶対的に必要なコミュニケーションの秘訣を、池上彰著「伝える力」から読み解きます。2017.07.04

会議で「異論」が出ない会社に未来はない

組織を硬直化させないための会議術

会議で「異論」が出ない会社に未来はない

会議はとかく上層部の意見や予定調和の結論の追認になりがちですが、そうした「異論」のない会議は、良い意見まで出なくなり、結果的にビジネスに悪影響が出てしまいます。2017.06.29

マニュアル通りに対応しても炎上するケースがある

クレーマーの心をつかめ~言葉の裏の本音を読む~(第2回)

マニュアル通りに対応しても炎上するケースがある

苦情対応がマニュアル化されていても、応対者によって正反対の結果になることがあります。本記事では、相手を怒らせずにこちらの気持ちを伝えるコツとは何かを考えます。2017.06.28

ビジネスで「すぐに結果を出す」ためのノート術

ビジネスを成功に導くノート術(第2回)

ビジネスで「すぐに結果を出す」ためのノート術

仕事ができる人は、ノートを上手に活用しています。今回は「仕事の速い人の『手帳・メモ・ノート』超活用術(中島孝志・著)」を参考に、そのノウハウを紹介します。2017.06.25

やる気のない部下が自分から変わる「ラポール」とは

相手の「No」を「Yes」に変える(第2回)

やる気のない部下が自分から変わる「ラポール」とは

ミスの多い部下がいたとしても、ラポール(信頼関係の構築)次第で相手を変えることができます。心理学を駆使してラポールを築き、やる気を引き出す方法を紹介します。2017.06.20

世界の成功者10人が語るストレス対処法とは

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第88回)

世界の成功者10人が語るストレス対処法とは

ストレスは誰もが抱える問題です。では、成功者たちはストレスにどう対処したのでしょうか。彼らが語る多種多様な対処法は、明日から欠かせない日課になるかもしれません。2017.06.19

ノートを取らない人は夢を実現できない?

ビジネスを成功に導くノート術(第1回)

ノートを取らない人は夢を実現できない?

過去の成功者の多くは、「紙とペン」を有効に活用しています。今回は「仕事が速い人の『手帳・メモ・ノート』超活用術」という本を参考に、ノートを取ること価値を解説します。2017.06.16

コールセンターでは顧客を「説得」してはいけない

クレーマーの心をつかめ~言葉の裏の本音を読む~(第1回)

コールセンターでは顧客を「説得」してはいけない

炎上はなぜ起こるのか?それは、相手の苦情の矛先を把握せず、相手の感情を考えずに説得しているからである。コールセンターで勤務していた筆者が、その対処法を紹介する。2017.06.12

部下に嫌われる上司がやってしまっている21の習慣

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第87回)

部下に嫌われる上司がやってしまっている21の習慣

良き上司でいるのは難しいことですが、良い上司であるために、部下が嫌うことをしないのも一案です。本記事では、部下に嫌われやすい21のクセを紹介します。2017.06.02

“残念な部下”を動かす心理テクニック

相手の「No」を「Yes」に変える(第1回)

“残念な部下”を動かす心理テクニック

伝えているけれど相手が動かないのは、心に響かない言葉かけをしている可能性があります。主体的に行動させる心理テクニックを活用して相手からYesを勝ち取りましょう。2017.06.02

一流の営業マンは「断られたら終わり」で粘らない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは(第12回)

一流の営業マンは「断られたら終わり」で粘らない

「営業は断られてからが勝負だ」という考え方がありますが、筆者にとっては、それは残念ながら古くて間違った考え方です。2017.06.01

アマゾンもトヨタも「パワーポイント」を使わない

なぜあの会社では働き方を変えたのか?(第2回)

アマゾンもトヨタも「パワーポイント」を使わない

パワーポイントは便利なツールですが、デザインに時間が割かれ「相手に伝える」ことが疎かになりがちです。アマゾンをはじめ、多くの会社が使用を禁止し始めています。2017.05.31

“強制的に”アイデアを出す「マンダラート」アプリ3選

アイデアを考えるのに最適なアプリとは(第2回)

“強制的に”アイデアを出す「マンダラート」アプリ3選

マンダラートは、3×3の9マスの枠にキーワードを埋めることで、“強制的に”アイディアを出す思考法です。マンダラートがスマホで使える3つのアプリを紹介します。2017.05.29

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter