シゴト力アップ

失敗後に“管理強化”を謳う組織は同じことを繰り返す

しくじりが成功を生む!失敗学のススメ(第5回)

失敗後に“管理強化”を謳う組織は同じことを繰り返す

失敗が発現したときに、人の注意力を高めるという形式の対策をとる組織ではダメです。原因を自らの言葉で究明し、そこから改善・対策を創造しなくてはダメなのです。2017.01.19

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは(第3回)

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

客のニーズを知るには「腹の探り合い」と、勘違いしている営業マンが多くいます。ところが一流営業マンは「探り」ではなく、「合意」で客のニーズを引き出しているのです。2017.01.17

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

弁護士に学ぶ、社内トラブルの対処法

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

社内でセクハラ等の問題が生じたとき誰の発言を信用すればいいのでしょうか。見極めを誤るとビジネスリーダーの責任問題となります。ビジネスで参考にすべき弁護士の証拠分析術とは。2017.01.16

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第78回)

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

議論でスマートに自分の意見を通したい、そんな人は必読です。どうすれば人間関係を保ちながら議論に勝つことができるか、7つの戦術を科学者が説明します。2017.01.15

車椅子で通勤する経営者、若鍋孝司の仕事術

桜子が聞く!先駆者たちのワーク・ライフ・バランス(第16回)

車椅子で通勤する経営者、若鍋孝司の仕事術

渋谷区で子供向けのインターナショナルスクールを経営する若鍋考司氏は、高校時代の事故で車椅子生活を強いられていた。今も電車で毎日通勤する彼の生き様に迫る。2017.01.12

“二刀流”大谷翔平選手に学ぶ、目標を実現するPDCA

プロ野球の新星が活躍できる背景

“二刀流”大谷翔平選手に学ぶ、目標を実現するPDCA

“二刀流”として順調に成果を上げているようにも見える大谷翔平選手。しかし、その裏には地道な努力とそれを支えるメンタル面の工夫がありました。2017.01.10

会議のファシリテーター(進行役)に必要な3つの言動

今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術(第23回)

会議のファシリテーター(進行役)に必要な3つの言動

ファシリテーターは会議の成否を左右する重要な存在です。あくまで裏方に徹し、より良い議論ができる環境を作ることで、会議の成果は大きく変わってきます。2017.01.09

優秀なスタッフが会社を辞める7つの理由

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第77回)

優秀なスタッフが会社を辞める7つの理由

会社を辞めるのは大きな決断ですが、会社側の環境や条件がその原因となっていることも多いようです。どうすれば退職を防ぐことができるのでしょうか。2017.01.05

長い会議がサッと終わる!弁護士から学ぶ法廷戦術

延々と続く会議に終止符を!

長い会議がサッと終わる!弁護士から学ぶ法廷戦術

弁護士は法廷での時間が限られているため、効率的な議論のスキルに長けています。会議を無用に長引かせないために、ビジネスでこそ弁護士の議論スキルや戦術を応用すべきです。2017.01.04

リンカーンが宣言した「人民のための政治」とは何か

ビジネスパーソンが知るべき世界の名言(第9回)

リンカーンが宣言した「人民のための政治」とは何か

リンカーンといえば「人民の、人民による、人民のための政治」という演説が有名である。結果的に南北戦争を勝利に導いた、この名言が生まれた背景を探る。2016.12.31

時間をかけずに成功できる「スマートカット」とは

「コツコツやっても伸びない人」は必見

時間をかけずに成功できる「スマートカット」とは

短期間で成功した人には共通した考え方がある。それは常識に疑問を投げかけ、新たなイノベーションで短期間に成功へたどり着く、スマートカットという考えだ。2016.12.21

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック(第7回)

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

顧客や上司、部下の本音は、聞き出そうとしてもなかなか聞けないものです。そのようなとき、相手の本音を聞き出す心理テクニックについて紹介します。2016.12.19

プレゼンはスキルやテクニックよりも「○○」が重要

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第76回)

プレゼンはスキルやテクニックよりも「○○」が重要

スピーチやプレゼンが上手くいかないとき、問題となるのはプレゼンスキルでしょうか、話し方でしょうか。もしかしたら、それ以前のところに問題があるのかもしれません。2016.12.18

しくじりは「恥」だが、訓練よりも役に立つ

しくじりが成功を生む!失敗学のススメ(第4回)

しくじりは「恥」だが、訓練よりも役に立つ

失敗はとっても恥ずかしいものです。訓練などの予行学習を効果的に行えば、損害を最小限にできます。ところが予行学習の内容次第では、逆に大きな失敗を招く場合もあります。2016.12.16

「部下から頼りにされるリーダー」になる3つの方法

今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術(第22回)

「部下から頼りにされるリーダー」になる3つの方法

部下から頼りにされるリーダーになるためには、仕事ができるだけでは不十分です。最終的には、部下から信頼される関係性を築くことが重要となります。そのために必要な3つの方法を紹介します。2016.12.15

チャップリンが必要とした”勇気・想像力・金”の真意

ビジネスパーソンが知るべき世界の名言(第8回)

チャップリンが必要とした”勇気・想像力・金”の真意

「喜劇王」チャップリンは、映画『ライムライト』にて、人生に必要なものとして「勇気と想像力と、ほんの少しのお金」の3点を挙げた。この3点が意味するものとは何か?2016.12.09

AIが発展しても淘汰されない「5つの仕事」とは?

AIにも絶対できない仕事がある

AIが発展しても淘汰されない「5つの仕事」とは?

手作業が人間からコンピューターに移り変わったように、AIが発展すれば知識作業もコンピューターに取って代わられるのか?AIが台頭しても、生き残る人間の仕事とは?2016.12.08

プレゼンで聴衆者を魅了するには「ツカミ」が肝心

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック(第6回)

プレゼンで聴衆者を魅了するには「ツカミ」が肝心

プレゼンは仕事を獲得するための大きな山場です。プレゼンで聴衆者を魅了し納得させるために、心理学的に何をすれば効果があるのかを解説します。2016.12.05

新たなビジネスは「しくじり」から生まれる

しくじりが成功を生む!失敗学のススメ(第3回)

新たなビジネスは「しくじり」から生まれる

技術は純粋な目標に向かうだけで進歩するのではありません。先に失敗や不便があり、それを克服する開発がなされ、進歩していくものです。この積み重ねの継続が大切です。2016.12.05

嫌なことがあっても「絶対にやりきる」7つの秘訣

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第75回)

嫌なことがあっても「絶対にやりきる」7つの秘訣

仕事やプライベートでつらい事が起きたら、どう対処したらいいのでしょうか。困難をくぐり抜けて成功を勝ち取った女性たちが、その秘訣を紹介します。2016.12.02

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter