編集部おすすめ

キャンプ人口が4年連続で増加中、その理由とは?

夏のレジャー「キャンプ」の新しい楽しみ(第1回)

キャンプ人口が4年連続で増加中、その理由とは?

キャンプ人口が増えている。背景には、子供のころに便利なキャンプ場で楽しんだ人が大人になったことや、野外の音楽フェス、手ぶらで行けるキャンプ場の普及などがある。2017.07.24

『551 HORAI』を成功に導いた“大阪”へのこだわり

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第90回)

『551 HORAI』を成功に導いた“大阪”へのこだわり

「551 HORAI」の豚まんは大阪土産の定番であり、地元に密着してブランド化することで成功した。この戦略では、低いコストで、高い利益率を上げることができる。2017.07.21

運を逃がさないためには「争いごと」を避けるべし

ビジネスが自然と上手く回る人材は「人間性」が違う(第1回)

運を逃がさないためには「争いごと」を避けるべし

ベテラン弁護士による「生き方指南書」には「人間性」の良い人ほど運に恵まれ仕事が上手くいっていることが書かれています。仕事と人間性は関係があるのでしょうか。2017.07.21

猿飛佐助:最後までリーダーに従った「理想の部下」

日本史、伝説を生んだカリスマの魅力(第2回)

猿飛佐助:最後までリーダーに従った「理想の部下」

映画や小説などに度々登場する忍者・猿飛佐助。人知を超えた忍術を使って真田幸村(信繁)とともに徳川家康を追い詰めたキャラクターはいかにして誕生したのか。2017.07.21

キャリア・アンカーを知らない組織は人材を失う

組織を見違えるように変える方法(第1回)

キャリア・アンカーを知らない組織は人材を失う

「キャリア・アンカー」は、仕事をしていくうえで重要な考え方であり、8つのタイプがある。会社は社員のタイプを把握して適材適所を心がければ、よい組織づくりができる。2017.07.20

池上彰曰く、伝え方は「天声人語」で身につく

「伝える力」を養えば、「ビジネス力」が身につく(第2回)

池上彰曰く、伝え方は「天声人語」で身につく

池上彰氏は「伝える力」を身に付けるには、情報の取捨選択が必要だと述べている。そのために、新聞のコラムを使って「書く力」「考える力」を向上させる方法を紹介する。2017.07.20

新規事業を育てるために、現場では何ができるか?

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第5回)

新規事業を育てるために、現場では何ができるか?

新規事業を阻害する大企業のジレンマを解決するために、現場ではどこから手を付ければよいのでしょうか?今回は明日から着手できるアクションプランをご紹介します。2017.07.19

Bizコンパス月間アクセスランキング 2017年6月

人気の記事がひと目で分かる!(第39回)

Bizコンパス月間アクセスランキング 2017年6月

Bizコンパスの人気記事をアクセス数順に取り上げる「Bizコンパス 月間アクセスランキング」。6月のベスト10はどの記事だったのか?いま話題の記事をご紹介します。2017.07.19

「置かれた場所で咲く」か、「咲く場所を変える」か

今すぐできる組織の改善(第39回)

「置かれた場所で咲く」か、「咲く場所を変える」か

「置かれた場所で咲く」ことも素晴らしいことですが、キャリアを選ぶ上では、時には「咲く場所を選ぶ」ことも必要になるケースがあります。2017.07.18

部下にうまくフィードバックするにはまず自分から

「耳の痛いこと」を部下にフィードバックする方法(第1回)

部下にうまくフィードバックするにはまず自分から

業務上の評価を伝え部下の成長を促す「フィードバック」。マネージャーには欠かせない仕事のひとつです。この「フィードバック力」を高めるトレーニング法を紹介します。2017.07.17

SIMフリーで人気「ファーウェイ」ってどんな会社?

ケータイ業界の最新動向に迫る(第40回)

SIMフリーで人気「ファーウェイ」ってどんな会社?

SIMフリースマートフォン市場で人気を獲得し、急速に存在感を高めている「ファーウェイ」。実はスマートフォンの会社として知られるのは比較的最近のことである。2017.07.16

夏目漱石に学ぶ、イノベーションの鍵は”道楽”にあり

名作家からビジネスシーンを読み解く(第1回)

夏目漱石に学ぶ、イノベーションの鍵は”道楽”にあり

21世紀に読んでも夏目漱石の文学は新鮮です。文明開化を批評した夏目漱石には、現代を見据えた先見性があります。彼の講演録からイノベーションのヒントを探ります。2017.07.15

オフィスを快適にする11のデスク用アイテム

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム(第90回)

オフィスを快適にする11のデスク用アイテム

一日の大半を過ごすオフィスの時間を、快適かつ効率的にしてくれるアイテムがあります。タイピングのストレスを省くものから、議事録を電子化するグッズもあります。2017.07.14

3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュ―スとは

日本企業に求められる事業創造への新たな視点

3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュ―スとは

日本企業に求められる事業創造への新たな視点とは? 多くの日本企業の事業創造を成功させてきた敏腕コンサルタントに秘訣を伺いました。2017.07.14

業務中に迫る死の危険 熱中症から身を守るには

夏本番 猛暑にどう対応するか

業務中に迫る死の危険 熱中症から身を守るには

毎年多くの緊急搬送者と、死亡者を出している「熱中症」。その危険性を理解しつつも、熱中症患者は増え続けている。夏本番に向け、そのメカニズムと対策を紹介する。2017.07.14

背脂!煮干!太麺!都内の「燕三条ラーメン」名店4軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第79回)

背脂!煮干!太麺!都内の「燕三条ラーメン」名店4軒

新潟の燕三条地域からご当地ラーメンが都内に進出し、その数を増やしつつある。燕三条ラーメンの特徴は「背脂・煮干・太麺」で醤油味である。代表的な4軒を紹介する。2017.07.13

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第4回)

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは

大企業が新規事業に挑戦すると安定的リターンを求める投資家との「資本のジレンマ」が生じがちです。そこで今回は投資家を新規事業の味方にするための方法をご紹介します。2017.07.13

VRは企業の社会貢献活動(CSR)にも活用できる

VRを利用した疑似体験が、ビジネスの可能性を広げる(第2回)

VRは企業の社会貢献活動(CSR)にも活用できる

企業の社会貢献活動(CSR)が多様化する中、VRの導入も進んでいる。顧客の視線に立ち、体験を共有するために有益なツールになるだろう。実際の事例を紹介する。2017.07.12

定時で帰るための「ケツカッチン仕事術」

仕事に追われず「自分の時間」を得る、超・効率的時間術(第2回)

定時で帰るための「ケツカッチン仕事術」

精神科医・樺沢紫苑氏の時間術に関する本が人気です。彼が提唱する、毎日4人分の仕事をこなし、多くの「自分の時間」も確保するという、“超・効率的時間術”とは?2017.07.12

民法改正で顧客は「約款」を読む必要がなくなる?

法改正の波に乗り遅れるな!(第3回)

民法改正で顧客は「約款」を読む必要がなくなる?

改正民法が交付された。中でも「約款」は銀行預金の規約やソフトウェア利用時の規約にあたり、企業活動と深く関係がする。「みなし合意」などにも注意が必要である。2017.07.11

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter