編集部おすすめ

聖徳太子:教科書から消えつつあるカリスマの偉業

日本史、伝説を生んだカリスマの魅力(第1回)

聖徳太子:教科書から消えつつあるカリスマの偉業

まことしやかにささやかれる聖徳太子の非実在説。彼はいったい何者なのか。その伝説を丁寧に紐解いていくと、華々しい事績とは裏腹に慈愛に満ちた実像が浮かび上がってくる2017.05.29

仮想通貨は社会をどう変えるのか?

今さら聞けない「仮想通貨」入門(第2回)

仮想通貨は社会をどう変えるのか?

仮想通貨はスピーディーな資金収集やコスト削減に有効であるため、ビジネスにも大きな影響を与える可能性があります。今後社会にどのような影響を与えるのでしょうか。2017.05.27

Googleではメールを使わず◯◯◯◯でやり取りする

なぜあの会社では働き方を変えたのか?(第1回)

Googleではメールを使わず◯◯◯◯でやり取りする

メールは便利なツールですが、それ故に現代の社会人の大半がメールの処理に時間を奪われています。グーグルはこの点を問題視し、メールに取られる時間を最小限にしました。2017.05.26

孫権の同級生から呉の大黒柱へ!大器晩成の将・朱然

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」(第47回)

孫権の同級生から呉の大黒柱へ!大器晩成の将・朱然

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第47回は、孫権の幼なじみから呉の名将にまでなった朱然(しゅぜん)。一般に知られていない彼の決断に迫ります。2017.05.25

21世紀に起こりうる「バブル」に気付けるか?

歴史から学ぶバブルの仕組み(第2回)

21世紀に起こりうる「バブル」に気付けるか?

20世紀のバブル経済は、16世紀から始まったバブルの歴史をそのまま繰り返しているものです。21世紀のバブルはどうなっていくのか、今後の行方について考えます。2017.05.25

資料にそのまま使える「マインドマップ作成アプリ」

アイデアを考えるのに最適なアプリとは(第1回)

資料にそのまま使える「マインドマップ作成アプリ」

アイデアを考える際、紙やホワイトボードに書き出すことも有効ですが、アプリを使うことで資料として使えるレベルの美しいマインドマップを作ることができます。2017.05.24

「クラッシャー上司」にならないためにどうすべきか?

クラッシャー上司になってはいけない(第2回)

「クラッシャー上司」にならないためにどうすべきか?

「クラッシャー上司」という本が売れています。本書は部下がクラッシャー上司の被害を逃れるための本ですが、上司がクラッシャー上司にならないための参考書にもなります。2017.05.24

首都圏進出、ロボットが接客「変なホテル」の狙い

ロボットがビジネスの現場で活躍(第1回)

首都圏進出、ロボットが接客「変なホテル」の狙い

ロボットが接客することで話題となった「変なホテル」の首都圏初の店舗が、3月に誕生しました。話題性の裏に、効率性を追求する同ホテルの狙いが見て取れます。2017.05.23

できるビジネスパーソンになる「15分の読書」

今すぐできる組織の改善(第35回)

できるビジネスパーソンになる「15分の読書」

本を読むことは、ビジネスで成功するためには大切なことですが、ただ速く読むだけでは意味がありません。じっくり味わって、心で感じながら読む「感読」も重要です。2017.05.23

サムスンはAI搭載の新型Galaxyで信頼を取り戻せるか

ケータイ業界の最新動向に迫る(第36回)

サムスンはAI搭載の新型Galaxyで信頼を取り戻せるか

「Galaxy Note 7」の相次ぐ発火事故で、顧客の信用を大きく損ねてしまったサムスン電子。3月に発売された新型モデルで、失った信頼を回復できるのだろうか。2017.05.22

タテ社会の弊害は、組織内の「ヨコ関係」で補える

タテ社会の日本企業を蘇らせる方法(後編)

タテ社会の弊害は、組織内の「ヨコ関係」で補える

前編では日本のタテ社会でグローバル化が進まないことを指摘した。しかし、過去の歴史において上手くヨコ社会が機能した事例が存在する。なぜ上手く機能できたのか。2017.05.22

法改正で注目”仮想通貨”をわざわざ使うメリットとは

今さら聞けない「仮想通貨」入門(第1回)

法改正で注目”仮想通貨”をわざわざ使うメリットとは

2017年4月、改正資金決済法が施行され、ビットコインをはじめとする仮想通貨の法整備が行われました。今回は法改正の狙いと、ビジネスの新しい動きを紹介します。2017.05.19

根拠なき炎上で引退、気の毒な中間管理職・田沼意次

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第18回)

根拠なき炎上で引退、気の毒な中間管理職・田沼意次

「賄賂政治家」の代名詞にされることが多い幕臣・田沼意次。実像は柔軟な発想力を持つ政治家だったが、革新的すぎる政策が嫉妬や無理解を呼び、「炎上」して引退に追い込まれた。2017.05.19

350円ピザの破綻から考える”薄利ビジネス”のリスク

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第86回)

350円ピザの破綻から考える”薄利ビジネス”のリスク

低価格のピザ、低価格の旅行ツアーを提供していた会社の破綻が続きましたが、「薄利ビジネス」にはもともと根本的な問題を孕んだビジネスです。その注意点を見ていきましょう。2017.05.18

高い?でもウマい!高級食材を使用したラーメン

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」(第75回)

高い?でもウマい!高級食材を使用したラーメン

ラーメンは「庶民の味」とよく言われるものの、高くて美味しいラーメンも多く存在する。今回は高級食材を使った、比較的高額なラーメンを紹介する。2017.05.18

なぜ「バブル」は繰り返されるのか?

歴史から学ぶバブルの仕組み(第1回)

なぜ「バブル」は繰り返されるのか?

バブル経済はなぜ起こるのか。それは本来の価値以上に、ひとつのものに投機が重なってしまうことが原因である。15~19世紀に発生したバブルの例から、その原因を振り返る。2017.05.18

Bizコンパス月間アクセスランキング 2017年4月

人気の記事がひと目で分かる!(第37回)

Bizコンパス月間アクセスランキング 2017年4月

Bizコンパスの人気記事をアクセス数順に取り上げる「Bizコンパス 月間アクセスランキング」。4月のベスト10はどの記事だったのか?いま話題の記事をご紹介します。2017.05.17

「残業好き」の社員を早く帰らせる方法

生産性の高い働き方とは

「残業好き」の社員を早く帰らせる方法

組織の生産性を下げる「残業好き」社員。ダラダラ残業の染みついた彼らを早く帰らせ、組織の生産性を高めるハード・ソフト両面での取り組み事例を紹介する。2017.05.16

日本の「タテ社会」がグローバル化を妨げる理由とは

タテ社会の日本企業を蘇らせる方法(前編)

日本の「タテ社会」がグローバル化を妨げる理由とは

日本の「タテ社会」は、グローバル化への対応を阻害している真の原因かもしれない。1967年に刊行されたロングセラー「タテ社会の人間関係」から読み解く。2017.05.15

二流の営業マンは「クロージング」でやらかしがち

営業のプロが教える、一流と二流の差とは(第11回)

二流の営業マンは「クロージング」でやらかしがち

期待していた優良な見込み客から一転して断られてしまう結末は悲しいものです。二流の営業マンは、自分でも気づかないうちに「致命的な失敗」を犯します。2017.05.15

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter