経営・組織

なぜ人は「悪い習慣」にハマってしまうのか?

今すぐできる組織の改善(第33回)

なぜ人は「悪い習慣」にハマってしまうのか?

「つい、食べ過ぎてしまう」、「お酒を飲み過ぎてしまう」、こうした悪い習慣から、人はなかなか抜け出せません。どうすれば「健全な習慣」に戻せるのでしょうか。2017.04.21

息子よりも父よりも幕府を優先した”尼将軍”北条政子

「女武将」から学ぶリーダー像(第2回)

息子よりも父よりも幕府を優先した”尼将軍”北条政子

鎌倉幕府初代将軍・源頼朝を支えた妻、北条政子。頼朝の死後も幕府のリーダーとして活躍し、尼将軍と呼ばれた。家臣に支持された政子が示した、理想のリーダー像とは。2017.04.19

マクドナルドがクォーターパウンダーを切捨てた理由

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第84回)

マクドナルドがクォーターパウンダーを切捨てた理由

業績が好調なマクドナルドですが、その裏で、2008年に投入された高級化路線の象徴ともいえる『クォーターパウンダー』が廃止されました。その狙いは何なのでしょうか?2017.04.18

なぜ大企業は新規事業を生み出しにくいのか?

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには

なぜ大企業は新規事業を生み出しにくいのか?

大企業が新規事業を生み出せないのには構造的な理由があります。組織・人事・資本の観点から大企業がイノベーションのジレンマを乗り越えるためのコツを紹介します。2017.04.13

人生を豊かに生きる「9つの根源的欲求」とは

今すぐできる組織の改善(第32回)

人生を豊かに生きる「9つの根源的欲求」とは

人間には「根源的欲求」という、欲求のコアとなるものがあります。心理学では9種類あるとされていますが、自分で認識することで、心が豊かになり、平安が得られます。2017.04.12

日本電産・永守重信氏が「モーレツ」を止めた理由

働き方改革で業績は向上できるのか?

日本電産・永守重信氏が「モーレツ」を止めた理由

ハードワークで知られる日本電産の永守会長が、一転して残業ゼロの実現を打ち出した。日本電産が掲げる売上高10倍という業績目標と働き方改革の相関に迫る。2017.04.06

牛丼「すき家」に学ぶ、労働環境改善の秘訣とは

労働環境は企業イメージに直結する

牛丼「すき家」に学ぶ、労働環境改善の秘訣とは

アルバイトなど非正規雇用の労働環境を無視した体制は企業イメージを低下させることになりかねません。労働環境の改善には全従業員の生活水準まで配慮することが必要です。2017.04.01

ミスタードーナツの店内調理廃止は終わりの始まり?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第83回)

ミスタードーナツの店内調理廃止は終わりの始まり?

「ミスタードーナツ」は、2020年度までに500店舗で店内調理を廃止すると発表しました。しかしこれは、同チェーンにとってあまり良いことではないかもしれません。2017.03.31

1日たった15分の「書く」習慣が、人生を変える

今すぐできる組織の改善(第31回)

1日たった15分の「書く」習慣が、人生を変える

「書く」ことは、目標達成、ストレスマネジメント、時短、モチベーションUPに大変な効果を発揮します。たとえ、1日たった15分でも、習慣化することで人生が変わります。2017.03.29

激務も給料UPせず、働き過ぎ中間管理職・長谷川平蔵

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第16回)

激務も給料UPせず、働き過ぎ中間管理職・長谷川平蔵

時代劇のヒーロー・鬼平のモデルである長谷川平蔵。人情に厚い性格は小説やドラマ同様だが、実像は多くのタスクを同時にこなした、ワーカホリックの中間管理職だった。2017.03.23

なぜ吉野家はBSE問題で「牛丼休止」を決断したのか

「ミスター牛丼」が語る、吉野家・成功の秘密(第2回)

なぜ吉野家はBSE問題で「牛丼休止」を決断したのか

2003年、米国産の牛肉が輸入できなくなるBSE問題が発生した。牛丼チェーン店の吉野家はこの時、他の国の牛肉を使わず、牛丼の販売自体を休止した。その意図は何だったのか。2017.03.22

ミスターミニットを蘇らせた「大雑把な人事評価」

組織を「つくり直す」リーダーシップとは(第2回)

ミスターミニットを蘇らせた「大雑把な人事評価」

靴修理の老舗ミスターミニットを業績不振からV字回復させた社長の迫俊亮氏。弱冠32歳の彼が、部下が自ら動くようになる組織につくり直すことができた方法を紹介します。2017.03.21

激化する回転寿司戦争、勝ち残るのはどこか?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第82回)

激化する回転寿司戦争、勝ち残るのはどこか?

回転寿司の市場規模は今や5,700億円に達し、この10年で1.5倍と急成長を果たしています。今回は大手4社の経営動向から、今後の業界を占ってみます。2017.03.16

「目標達成」のモチベーションを維持する方法とは

今すぐできる組織の改善(第30回)

「目標達成」のモチベーションを維持する方法とは

「TOIECで700点を達成したい!」言うのは簡単ですが、実現のために努力し続けるのは簡単ではありません。モチベーションを維持するにはどうすれば良いのでしょうか。2017.03.13

「会議に必要ない人」が分かる?人事用ITの可能性

ITで働き方改革を!

「会議に必要ない人」が分かる?人事用ITの可能性

最先端のITで、人事関連の課題を解決する「HRテック」を導入する企業が増えている。ある企業では「会議に必要のない人」の判別もできるという。一体どのような技術なのか。2017.03.10

なぜ吉野家は食券制を採用しないのか?

「ミスター牛丼」が語る、吉野家・成功の秘密(第1回)

なぜ吉野家は食券制を採用しないのか?

牛丼チェーン店「吉野家」が全国に展開されるまで、経営は決して順風満帆ではなかった。度重なるピンチの中、どのように乗り越えたのでしょうか。2017.03.08

ミスターミニット社長が見せた部下への100%の敬意

組織を「つくり直す」リーダーシップとは(第1回)

ミスターミニット社長が見せた部下への100%の敬意

靴修理の老舗ミスターミニットを業績不振からV字回復させた社長の迫俊亮氏。弱冠32歳の彼がどのように組織をつくり直していったのか、そのリーダーシップを分析します。2017.03.06

業績低迷から上場廃止したアデランスの取るべき戦略

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第81回)

業績低迷から上場廃止したアデランスの取るべき戦略

アデランスの株式が2月に上場廃止となり、投資ファンからの支援を受けることになりました。アデランスは業績回復に向け、どのような戦略を取るつもりなのでしょうか。2017.02.28

7度も転職した渡り鳥系中間管理職・藤堂高虎の真意

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第15回)

7度も転職した渡り鳥系中間管理職・藤堂高虎の真意

生涯に7度主君を替えた藤堂高虎は、日和見主義の世渡り上手と見られることが多い。しかし実際は常に理想を抱き、その理想を成就できる職場を探し続けた信念の人だった。2017.02.27

こんな管理職のいる企業は部下も組織もダメになる

“サボりマニュアル”に見る、ダメな会社あるある(第2回)

こんな管理職のいる企業は部下も組織もダメになる

アメリカの諜報機関によるスパイ工作「サボタージュマニュアル」の第2回では、会議に続き、「ダメ管理職」になりすまして組織を破壊する14カ条を紹介します。2017.02.21

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter