経営・組織

なぜなか卯は、親子丼を前面に押し出すのか?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第90回)

なぜなか卯は、親子丼を前面に押し出すのか?

なか卯が看板メニューの親子丼のリニューアルを発表し、話題を呼んでいる。その裏には、ライバル企業のいない独自のマーケットを切り開いていくゼンショーの狙いがある。2017.07.28

『551 HORAI』を成功に導いた“大阪”へのこだわり

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第90回)

『551 HORAI』を成功に導いた“大阪”へのこだわり

「551 HORAI」の豚まんは大阪土産の定番であり、地元に密着してブランド化することで成功した。この戦略では、低いコストで、高い利益率を上げることができる。2017.07.21

新規事業を育てるために、現場では何ができるか?

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第5回)

新規事業を育てるために、現場では何ができるか?

新規事業を阻害する大企業のジレンマを解決するために、現場ではどこから手を付ければよいのでしょうか?今回は明日から着手できるアクションプランをご紹介します。2017.07.19

「置かれた場所で咲く」か、「咲く場所を変える」か

今すぐできる組織の改善(第39回)

「置かれた場所で咲く」か、「咲く場所を変える」か

「置かれた場所で咲く」ことも素晴らしいことですが、キャリアを選ぶ上では、時には「咲く場所を選ぶ」ことも必要になるケースがあります。2017.07.18

3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュ―スとは

日本企業に求められる事業創造への新たな視点

3000億円の事業を生み出すビジネスプロデュ―スとは

日本企業に求められる事業創造への新たな視点とは? 多くの日本企業の事業創造を成功させてきた敏腕コンサルタントに秘訣を伺いました。2017.07.14

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第4回)

投資家に「お金を出したい」と思わせる新規事業とは

大企業が新規事業に挑戦すると安定的リターンを求める投資家との「資本のジレンマ」が生じがちです。そこで今回は投資家を新規事業の味方にするための方法をご紹介します。2017.07.13

心が「モンキーマインド」では集中して仕事できない

今すぐできる組織の改善(第38回)

心が「モンキーマインド」では集中して仕事できない

脳には二つのモードがある。異なる仕事にバラバラと手をつけてしまって集中できないときは、脳のモードを意識すれば効率的に進める、悪循環から脱することができる。2017.07.10

退屈な会議を「宿題」や「タイムリミット」で変える

ダンマリ会議を活発な意見の飛び交う場に

退屈な会議を「宿題」や「タイムリミット」で変える

シーンと静まり返る会議は企業の悩みの種。現場の社員からの意見喚起に成功している国内外各社の取り組みを紹介。経費や時間の削減対策としても有効のようです。2017.07.06

オランダでは上司が部下の調整役に徹する

海外に学ぶ、生産性の高い働き方

オランダでは上司が部下の調整役に徹する

オランダが高い労働生産性を誇る理由の一つと考えられている、上司が「ボス」ではなく「調整役」に徹するマネジメントの在り方と効果について紹介します。2017.07.03

「本社」に忠実過ぎて嫌われた中間管理職・小野政次

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第19回)

「本社」に忠実過ぎて嫌われた中間管理職・小野政次

井伊家の家臣でありながら、今川家の監視役だった小野政次。“本社”である今川家にとっては都合の良い人物であったが、井伊家にとっては“裏切り者”でしかなかった。2017.06.28

死してなお今川家を守り続けた“女戦国大名”寿桂尼

「女武将」から学ぶリーダー像(第3回)

死してなお今川家を守り続けた“女戦国大名”寿桂尼

『おんな城主直虎』にて、井伊直虎を城主として認めた人物として「寿桂尼」が登場する。彼女は今川家4代を、妻として、母として、祖母として、約50年に渡って支え続けた。2017.06.26

なぜ、他人の評価を過剰に気にしてしまうのか?

今すぐできる組織の改善(第37回)

なぜ、他人の評価を過剰に気にしてしまうのか?

人の評価を過剰に気にしてしまうと、その評価に人生を振り回されてしまうことになります。それよりも重要なことは、高くて安定した自己評価をすることです。2017.06.22

「空気が読める」ことよりも重要なこととは?

日本を支配する「空気」の正体を分析する

「空気が読める」ことよりも重要なこととは?

日本社会において「空気が読める」ということは、ある意味で長所ではある。しかし、重要な判断をする際に「空気に呑まれ」てしまうこともある。2017.06.15

東日本で販売終了「カール」を全国区に戻す鍵とは?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第88回)

東日本で販売終了「カール」を全国区に戻す鍵とは?

明治のスナック菓子「カール」が、8月生産分を最後に東日本での販売を終了することになりました。カールが再び全国区で販売されるためには、何が必要なのでしょうか?2017.06.14

新規事業に成功した大企業は何をしているのか?

イノベーションのジレンマを乗り越えるためには(第2回)

新規事業に成功した大企業は何をしているのか?

既存事業が優先される「組織のジレンマ」を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?成功事例を参考にしながら、現場で使える解決策を整理します。2017.06.09

小さなクセを直し、良いクセを身につける習慣

今すぐできる組織の改善(第36回)

小さなクセを直し、良いクセを身につける習慣

「無くて七癖」という言葉があるように、誰でも少なからずクセを持っています。小さなクセをなくし、良いクセを身につける方法を紹介します。2017.06.07

企業SNSはガチガチよりもユルい方がウケる

フォロワー獲得のためのSNS活用法

企業SNSはガチガチよりもユルい方がウケる

企業のSNSアカウントは、ガチガチよりも「ユルい」方がウケる傾向にあります。人気の企業アカウントに共通する運用ノウハウを紹介し、多くのフォロワーを獲得するヒントを探ります。2017.05.31

アマゾン1円詐欺で再認識した購入の際の教訓とは?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第87回)

アマゾン1円詐欺で再認識した購入の際の教訓とは?

ネットニュースにもなった『アマゾン1円詐欺』は、金銭を騙し取るだけではありませんでした。もう一つの目的は、個人情報を抜き取るということだったのです。2017.05.30

「クラッシャー上司」にならないためにどうすべきか?

クラッシャー上司になってはいけない(第2回)

「クラッシャー上司」にならないためにどうすべきか?

「クラッシャー上司」という本が売れています。本書は部下がクラッシャー上司の被害を逃れるための本ですが、上司がクラッシャー上司にならないための参考書にもなります。2017.05.24

できるビジネスパーソンになる「15分の読書」

今すぐできる組織の改善(第35回)

できるビジネスパーソンになる「15分の読書」

本を読むことは、ビジネスで成功するためには大切なことですが、ただ速く読むだけでは意味がありません。じっくり味わって、心で感じながら読む「感読」も重要です。2017.05.23

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter